ISO9001・14001認証取得

当社は、2000年8月16日付で、国際規格である、環境マネジメントシステム「ISO14001」の認証取得に続き、2003年8月26日付で、品質マネジメントシステム「ISO9001」の認証を取得致しました。
共に、本社ビル、小牧工場、磐田工場、萩原工場、開発センターを対象として、全社統合認証されました。
 当社は、今後もグローバルな視野と基準で「環境への影響を配慮した企業活動」や「お客様の満足度を徹底的に追求する企業活動」などの方針に基づき、従業員一人ひとりの創意工夫を結集して、広く世界から学び個々の技術を極めることで、益々社会に貢献してまいりたいと願っております。
一層のご愛顧を賜りますようお願い致します。

JAB・JARI RBマーク

品質方針

「DNP田村プラスチックだから」とお客様に安心していただける商品をお届けします。

お客様の目線に立ち、要求される品質・価格・納期等を満足させ、その中から利益を生み出して行く企業活動を実践します。

品質方針を達成するために、具体的な品質目標を設定し、定期的な見直しを行いお客様の変化する期待と要求に対応し続けて行きます。

品質目標を達成するために、すべての従業員が一体となり社内外との「対話」を欠かさず、「よく見、よく聞き、よく考え」、お客様の継続的な満足を得る品質マネジメントシステムの維持、及び継続的な改善活動を行います。

品質に関する教育、情報共有をしっかりと行い、従業員一人ひとりが能動的に学び、プロフェッショナルとしての総合力を発揮します。

代表取締役社長 阿部一夫


環境方針


基本的な考え方

プラスチック製品・自動車用品を製造する企業として、恵み豊かな地球を次世代に受け渡すことができる持続可能な社会を形成していくために、環境法規の遵守はもとより、あらゆる事業活動において環境との関わりを認識し、環境への負荷を低減すると共に生物多様性への取組みを推進します。

環境方針を掲げ、目的および目標を定め、定期的に見直し、従業員一人ひとりの力を集め具体的な活動を進めて、環境マネジメントシステムの継続的改善および汚染の予防に努めます。

製品を開発、設計、製造、販売するときは、原材料の調達から生産、流通、使用、廃棄に至るまでの環境への影響を、特に省エネルギー、省資源、廃棄物の低減、有害物質の削減に配慮します。

製品を製造するときは、環境法規を遵守することはもとより、さらに高い目標を掲げて、大気、水域、土壌への汚染物質の排出を減少させるとともに、悪臭、騒音、振動、地盤沈下の原因をつくりださないよう細心の注意を払います。
また、地球温暖化防止、省資源、廃棄物の削減を図るため、設備、技術、生産工程を改善します。

環境教育を通じて、全従業員の環境への意識向上を図ると共に、積極的な環境保全活動により、社会へ貢献と信頼につながる持続可能な社会を目指します。

代表取締役社長 阿部一夫

製品紹介

開発・製造ストーリー

お問い合せ

採用に関するお問い合せ

品質・環境への取り組み

このページのトップへ